マンション査定のポイント

マンション査定

マンションを売る、マンションの相場を知る、情報化時代でもあり、相場・売値の検索は容易となりました。
また、マンション売却に伴う、不動産屋とのかかわりも緩和され、必ずしも近所の不動産屋でないと売買ができないという状況もなくなりました。

決して、大手が高額売却に応じてくれるわけでもなく、単純に一括査定を行い、一番高く査定してくれる業者にお願いするというシンプルなシステムが当たり前となりました。



賢い売却法

たくさんの不動産屋に査定を依頼する!これが高額でマンションを売る近道です。
しかし、1件1件、ホームページを検索しお問い合わせをしていたのでは埒が明きません。
そこで、賢い人が実践しているのが、中古マンションマンション一括査定サイトです。
1回の登録で、数社に見積もり依頼ができるので、忙しい人でも大丈夫。
さらに登録項目も少なく、大手から中小の不動産屋がそろっているので、高額見積もり間違いなし!

実績のある査定サイト

街角不動産相談所

全国に専門家をもちコンシェルジュのサポートに定評があり!
簡単15秒!匿名であなたの物件にぴったりの高額買い手を捜すことが可能!!
>> http://fudousan-concierge.com/ <<
不動産売却一括査定「街角不動産相談所」


不動産売却一括査定「イエウール」

はじめてマンションを売る方・不動産売却のサポート力にも定評あり!
>> http://ieul.jp/ <<
不動産売却一括査定「イエウール」


不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」

次に、このサイト!
日本最大級の不動産査定が「イエイ」です。
>> http://sell.yeay.jp/ <<
不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」


SBI不動産一括査定

マンション査定なら、実績豊富な信頼できる不動産会社が、あなたの売りたい物件を無料で査定してくれます<
>> http://www.re-guide.jp/ <<
SBI不動産一括査定




マンション査定で損をしないためには

マンションを売却するときは、購入するときと異なり、値段を自分で決めることができます。
いくらにするかは自由ですが、その値段で買う人が現れないと取引はできず、高い値段では成約まで時間がかかったり、時には値下げが必要になることもあります。特にマンションの場合は、戸建てと異なり、毎月管理費と修繕積立金を支払うので、時間がかかればそれだけでも損になってしまいます。
 値段を決める場合には、マンション査定を活用するのがおすすめです。
 マンション査定には、売却査定と買取査定があります。
買取査定は、その値段で買い取る場合ですが、一般的には、リフォームやリノベーションして販売をする、中古マンション業者の仕入れ値にあたるため、売却査定よりは低くなる傾向があります。
 一方、売却査定は、いくらくらいなら売れるだろうという査定ですが、その値段で売れることを保証するものではありません。
 マンション査定は、計算で答えを出すものではないので、複数の会社に依頼すれば、みんな違う結果になるのが普通です。しかし、査定結果通りに売れなければ、値下げが必要になることもあるので、結果が高いかどうかよりも、信頼できる相手かどうかを見極めるのが損をしないために大切です。



マンションを売る価格を変更するとを売りしやすくなる?

中古マンション 査定 中古マンションマンションは金額が大きくて、売るのも買うのも多くの人にとっては人生で数少ない経験です。
中でも売るときは、価格も自分で決めて買い手が現れるまで受け身で待つので、買うとき以上に気を使います。

中古マンションマンションを売りたいとき、近隣の取引事例などを基に自分で価格を決めますが、買い手から値引き交渉を受けることはあっても、売り出しより高い値段になることは絶対にありません。
そのため、実際に売りたい値段より少し高めにしておくのは戦略ですが、内覧の申し込みや問い合わせがなかったり少ない場合には、市場の相場をかけ離れている可能性があります。
不動産会社とも相談して、問い合わせがない原因が値段にあるならば変更が必要です。

ただし、成約には至らなくても内覧や問い合わせがあるならば慌てずに様子を見ましょう。個別の値引き交渉に応じるのはいいですが、値段自体を変更すると、待っていればもっと下がるという期待から、様子見になる可能性もあります。
PVランキング



マンション買い替えをオススメする3つの理由

マンション買い替え マンションを買い替えをオススメする理由のですが、まず第一の理由は住環境の変更を行う事で自身の考え方や生活スタイルをも変えることができる点にあります。

通常は、生活環境つまり子供が大きくなった、結婚したなどの点から住居を変えることがほとんどですが、住環境を変えることで生活リズムやスタイルが大きく変わりますので自身を変化させる事ができます。

次に、買い替えした元のマンションを売却する事で売却益が得られる事も大きなメリットかと思います。

元の住居をベースに売却する事で新しい住環境を手に入れる事ができます。
最後に、資金的に新しい住居を手にする余裕があれば、元の住居を賃貸に出すことで新しい収入源を保有する事ができます。

賃貸に出すことで、家賃収入を定期に手にする事が出来る安心感は非常にありがたい事です。近年ではマンションオーナー(不動産投資)というステージを新たに得ることができるシステムが多くの不動産会社より商品としても出されています。



中古マンション査定 築年数

マンション買い替 中古マンション査定は築年数がどのくらいでいくらになるのか
中古マンション査定には、次のような項目があります。築年数、共有部分の設備、上階層か下階層、収納の具合、室内設備、向きと日当たり、騒音や振動、セキュリティー、交通の便などが関係してきます。

その中でも、大きく関係してくるのが、築年数です。マンションの新築から15年までは、1年につき-1.5%が査定の評価基準になっています。

さらに、同じく16年~20年は1年につき-2.0%となり、21年以上では1年ごとに-2.5%の加算となります。査定調査から言えることは、中古マンション売買の時期は、新築から10年が一つの大きなポイントとなることが分かります。

新築から15年は中古マンションの価格の下落が非常に高く、その後は価格がある程度落ち着くというのが通説となっています。しかし、築年数ばかりにとらわれ過ぎると、他のポイントを見落とすことになるので十分気をつけたいものです。

中古マンション査定によっていくらで売買できるかは、その他の条件も加味した上で最適な価格が設定されることになります。

最新投稿

  • 千葉のマンション査定事情

    千葉のマンション査定事情は、東京都内に近い物件であると判断されるので、価値が高いと判断されることが考えられます …