1. TOP
  2. 低層マンションの不動産査定/低層マンションの高額査定について

低層マンションの不動産査定/低層マンションの高額査定について

低層マンション査定

高層マンションは眺望もよく、人気が高いことが多いですが、落ち着いた街並みにある低層マンションもエリアによっては人気も高くなっており、不動産査定でも高く評価されることになります。

むしろ、地震が最近は頻発していることもあり、地震時に揺れの大きくなる高層マンションよりも低層マンションのほうが住みやすいと考えている人も増えているでしょう。

低層マンションで特に人気が高いエリアとしては、閑静な住宅街にある物件などであり、共用施設も充実している物件が不動産査定結果も高くなります。

低層マンション

低層であっても高台に立地しているような不動産の場合、眺望もよい物件があるので、そういった物件もニーズが高く、査定も高くなります。

高層マンションのデメリットとしては、エレベーターが混雑してしまい、通勤時に時間がかかってしまうという点があり、その点においても低層マンションのほうがメリットは大きいでしょう。

低層マンション査定

また、低層マンションで駅から近い物件なども人気が高い物件となり、高い評価がされることになります。

近くに便利な施設があるような物件も多くの人が住みたいと感じるので、高く評価されることになり、転売などを考えている人には良いといえるでしょう。

【マンション査定サイトの選び方】
>> マンション査定サイトの比較はこちら <<

低層マンションの不動産価値を考える

低層マンションは外出するにも便利で、また世帯数も高層マンションよりは少なくなるので人気です。

世帯数が多いと、住民の意見で改装や修理を決めなければいけないとき、多くの賛同を得られないことで揉め事に発展してしまうこともありますが、低層マンションであればそういった時も世帯数が少なめであることから揉め事に発展しにくいということもあるでしょう。

低層マンション 不動産価値

そして小さな子供がいる世帯であれば安全面のことも考えて低層マンションを選ぶということもあります。

ですから低層マンションの不動産価値は高くなることが考えられます。

また、駅近くであればタワーマンションのほうが多く、低層マンションはあまり見かけないことから貴重であるということもあります。

駅近くは通勤便利で日常生活を送るにも不便がないことから、これからも不動産の価値は下がらないことが考えられるでしょう。

低層マンション タワーマンション

逆に駅から遠く不便な場所にあるマンションであれば低層であっても価値が下がるようなこともあるでしょう。

比較的新しい状態であっても、周囲に似たようなマンションがあるような場合は選択肢がたくさんあるということであまり人気は出ないことも考えられます。

これから人気エリアになるかどうかによっても違ってくるでしょう。

低層マンションを高く売るためには

低層マンションの売却では、上層階の場合にはある程度の期待はできるものの、低層階ではなかか買手が見つからないことも良くあります。

低層マンション 高く売る

駅が近い場合や商店街など、地域的に有利な場合にはそれほどではありませんが、高く売る場合にはポイントを抑えた上で進めることが大切なことになります。

一般的に、低層マンションは2~3階のマンションのことを指しますが、1階の低層階の場合には、敷地に余裕が無いなどでは道路に面していることも多く、この場合には査定を依頼してもなかなか思い描いた通りの価格につながらないことがあります。

売却情報

低層マンションを少しでも高く売るポイントとしては、まず、居住をしている段階で売りに出すことがあり、売却額を次の物件の頭金に充てたい場合には資金計画が行いやすくなります。

売却情報を流すことで内覧者が来訪することになりますが、ここでは、清掃や整理整頓をしっかりと行っておくことが大切なことになります。

臭いに関しても十分に注意をする必要があり、売却ではドアを開けた第一印象が大きく影響をすることを認識しておく必要があります。

低層マンション売却サイト

低層マンションの売却ではサイト等で一括見積もりをし不動産業者に依頼をすることも多くあります。

この場合、住んでいるマンションが大手業者の開発物件の場合には、まず、その大手業者に依頼をすることが有利となることも多くあります。

その理由としては、業者の知名度が買手を呼ぶことになり、そこには買手の安心感が影響することがあります。

また、売却に関してのノウハウも高いことから価値を踏まえた上で商談を進めてくれることになります。

【マンション査定サイトの選び方】
>> マンション査定サイトの比較はこちら <<

マンション査定