1. TOP
  2. 自由が丘のマンション査定はこちらから。相場の確認方法・マンション売却なら

自由が丘のマンション査定はこちらから。相場の確認方法・マンション売却なら

マンション査定 自由が丘

マンション査定 自由が丘

高級住宅地でありながら、
大人の街、雑貨の街でもある自由が丘。

人気の街でありながら、大きなビルがなく、緑も多い街。

だからとって発展していないか?というとそうでもなく
新しいものが生まれ、スイート、カフェなど若者にも人気の街。

そこで、今回は、自由が丘のマンション査定・相場の確認・売却のテクニックを紹介します。

全体的な相場

マンション査定 自由が丘
参考:自由が丘の地価公示

個別に今住んでいるマンションの査定は、
一括不動産査定サイトを確認することで、売却最高額が確認できます。

自由が丘のマンション査定なら



すまいValue


大手6社に唯一一括不動産査定できるサイトが”すまいvalue”です。
すまいValue
・住友不動産販売
・東急リバブル
・野村の仲介
・三菱地所ハウスネット
・三井のリハウス
・小田急不動産株式会社
>> https://sumai-value.jp <<
すまいValue 公式




おうちダイレクト


ヤフーとソニーグループの運営する一括査定サービスです。
おうちダイレクト

大手不動産会社とYahoo不動産の関係は複雑で、
ヤフーとソニー不動産が2015年7月に資本業務提携を結んだことで、
「Yahoo!不動産」が“物件情報ポータルとして公平、中立ではない”ということで、全国宅地建物取引業協会連合会(全宅連)などがYahoo!不動産には提供しないと決定しました。
その全宅連に加盟しているのが大手不動産会社です。
よって、すまいValueに登録の三菱地所、三井、野村、東急、住友などはYahoo不動産に物件情報を掲載できません。

となると、Yahoo不動産が運営するおうちダイレクトへの登録は必須と言えるでしょう。
>> https://sony-fudosan.com/ <<
おうちダイレクト 公式



イエウール


イエウール
はじめてマンションを売る方・不動産売却のサポート力にも定評あり!
シミュレーション感覚でオンラインマンション査定が可能です。
>> http://ieul.jp/ <<
不動産売却一括査定「イエウール」

マンションnavi


マンションnavi
>> http://lp.t23m-navi.jp/ <<



マンション査定を左右する自由が丘ニュース

自由が丘のニュースをまとめました

「住みたい街」最新ランキングで「自由が丘」が凋落した理由

毎年恒例となっている、リクルート住まいカンパニーがまとめた「SUUMO住みたい街ランキング」。2月28日に発表された2018年関東版では、集計以来初めて横浜が首位に立つなど、いくつかの変化がありました。

横浜のマンション査定はこちらから。相場の確認方法・マンション売却なら

その中で特に気になったのが、住みたい街として高い人気を誇ってきた「自由が丘」の凋落です。2016年は4位でしたが、昨年は11位、今年は13位までランクダウンしています。

背景には、どんな事情があるのでしょうか。調べてみると、“家選び”をめぐる2つの傾向の変化が浮かび上がってきました。

この最新ランキングから、どんな傾向が読み取れるのでしょうか。不動産調査会社・東京カンテイの井出武・上席主任研究員は、2つの傾向変化を指摘します。

1つは、沿線選びの変化です。これまでは沿線のブランド力を重視する傾向がありましたが、最近は実利、特に交通利便性を重視する傾向が強まっているといいます。特に、今回の住みたい街ランキングから読み取れるのが、「東京駅ダイレクトアクセス路線」の人気の高まりです。

冒頭でも触れたように、大宮は2016年が21位、昨年が15位でしたが、今年は9位まで上昇。同じく、浦和も32位→19位→10位と年々ランクアップしています。ほかにも、柏が64位→34位→21位と急上昇してきています。

大宮と浦和は京浜東北線で東京駅まで1本。柏も、2015年に上野東京ラインが開通したことで、上野で常磐線から乗り換えなくても、直接東京駅に向かうことができるようになりました。

一方、2年前はトップ5に入っていた自由が丘が、今年は13位と低迷。また、二子玉川は10位→13位→16位と、三軒茶屋は19位→24位→32位と、年々順位を落としていっています。いずれも東急東横線、東急田園都市線の人気駅ですが、東京駅には直通で行けません。

二子玉川のマンション査定はこちらから。相場の確認方法・マンション売却なら

三軒茶屋のマンション査定はこちらから。相場の確認方法・マンション売却なら

硬直化するブランド住宅街
「住みたい街」ランキングに話を戻しましょう。3位にランクインした吉祥寺も年代別に見ると、40代からは2位の支持を受けましたが、20代では6位にとどまりました。横浜が各年代で1位だったのと比べると、対照的です。

「ブランド化しているエリアは、家賃が高すぎて、住民の入れ替えが起こりにくいです。そうなると、街として硬直化していまいます」(井出氏)。もしかすると、吉祥寺もそうした局面に差し掛かっているのかもしれません。

そして、こうした傾向は自由が丘や下北沢(27位→26位→37位)といった、他のブランド住宅街にも現れているようです。イメージだけではなく、自分にとって実際に住みやすい街かという視点を考えると、家選びの選択肢の幅はグッと広がるのかもしれません。

引用:MONEY PLUS

吉祥寺のマンション査定はこちらから。相場の確認方法・マンション売却なら

マンション査定 自由が丘

下北沢のマンション査定はこちらから。相場の確認方法・マンション売却なら

自由が丘のM、第1期10戸完売

住友不動産(株)は2日、分譲マンション「シティハウス自由が丘レジデンス」(東京都世田谷、総戸数87戸)の第1期10戸を完売したと発表した。

 同物件は、東急東横線・東急大井町線「自由が丘」駅徒歩18分、東急東横線「自由が丘」駅よりバス6分・徒歩1分に位置。敷地面積2,813.55平方メートル、延床面積7,685.13平方メートル、鉄筋コンクリート造地上8階建て。

 住戸の専有面積は47.58~82.63平方メートル(1LDK~4LDK)。販売価格は6,490万~1億990万円、最多価格帯7,900万円台・8,100万円台、販売期間は6月28~30日。これまでに1,250件超の問い合わせがあった。

 多世代を魅了し続ける“洗練と成熟のまち”が日常の生活圏になること、東急東横線・東急大井町線で8路線の利用が可能なこと、閑静な居住環境であることなどが評価された。

 竣工は12月中旬、入居は2019年5月下旬の予定。

引用:不動産流通研究所

マンション買取 自由が丘