1. TOP
  2. たまプラーザのマンション査定はこちらから。相場の確認方法・マンション売却なら

たまプラーザのマンション査定はこちらから。相場の確認方法・マンション売却なら

マンション査定 たまプラーザ

マンション査定 たまプラーザ

たまプラーザテラスが開業したのが2010年。

その以前から東急グループが街の開発・発展に力を注いでいましたが、高級住宅地として定着しましたね。

そこで、今回は、たまプラーザのマンション査定・相場の確認・売却のテクニックを紹介します。

全体的な相場

マンション査定 たまプラーザ
参考:たまプラーザの地価公示

個別に今住んでいるマンションの査定は、
一括不動産査定サイトを確認することで、売却最高額が確認できます。

たまプラーザのマンション査定なら

実績のある査定サイト



すまいValue


大手6社に唯一一括不動産査定できるサイトが”すまいvalue”です。
すまいValue
・住友不動産販売
・東急リバブル
・野村の仲介
・三菱地所ハウスネット
・三井のリハウス
・小田急不動産株式会社
>> https://sumai-value.jp <<
すまいValue 公式




おうちダイレクト


ヤフーとソニーグループの運営する一括査定サービスです。
おうちダイレクト

大手不動産会社とYahoo不動産の関係は複雑で、
ヤフーとソニー不動産が2015年7月に資本業務提携を結んだことで、
「Yahoo!不動産」が“物件情報ポータルとして公平、中立ではない”ということで、全国宅地建物取引業協会連合会(全宅連)などがYahoo!不動産には提供しないと決定しました。
その全宅連に加盟しているのが大手不動産会社です。
よって、すまいValueに登録の三菱地所、三井、野村、東急、住友などはYahoo不動産に物件情報を掲載できません。

となると、Yahoo不動産が運営するおうちダイレクトへの登録は必須と言えるでしょう。
>> https://sony-fudosan.com/ <<
おうちダイレクト 公式



イエウール


イエウール
はじめてマンションを売る方・不動産売却のサポート力にも定評あり!
シミュレーション感覚でオンラインマンション査定が可能です。
>> http://ieul.jp/ <<
不動産売却一括査定「イエウール」

マンションnavi


マンションnavi
>> http://lp.t23m-navi.jp/ <<



マンション査定を左右するたまプラーザニュース

たまプラーザのニュースをまとめました

東急、たまプラーザのマンションをまちの交流拠点に

マンションをまちの交流拠点に――。東京急行電鉄は9日、横浜市北部の中心地、たまプラーザ駅(横浜市)前で完成したマンションを報道陣に公開した。住戸と商業の複合型で、住民参加型のイベントを積極的に開催するテナントを誘致したことが特徴だ。マンション建設が進む都心では地域交流が課題となっている。たまプラーザの取り組みに注目が集まりそうだ。
完成したのは東急の分譲マンション「ドレッセWISEたまプラーザ」。たまプラーザ駅から徒歩4分で総戸数278戸と、同地区では大規模な物件だ。敷地中央に設けた通り抜けスペースはイベント会場としても使える。

11日に開業する路面型テナント(130~220平方メートル)では、地域の交流を売り物にした店を東急が誘致した。

地元食材を使った食事を出す「MARUFOOD」もオープンする。店の半分は加工食品も販売するが、丸山孝明社長は「テナントとも連携したい」と話し、敷地内に設ける保育所向けに食育なども提供する方針だ。

ワインショップのエノテカ(東京・港)は同社として初めて、店の約半分をカフェバーにした物販店を開く。ワインのセミナーを開く計画で、梅木雄一店長は「周辺にはワイン店が目立つ。ワインをたしなむ人は多いとみて地域に密着していきたい」と話す。ワインへの興味を高めることができれば客単価の引き上げも期待できそうだ。

ドトール・日レスホールディングスは新型店「CO‐NIWA COFFEE」を開業する。メニューや店のつくりはグループ内の「星乃珈琲店」と同じだが、同店は遊戯、セミナー向けスペースを設ける。グループで店舗開発を担う塀内裕子さんは「地域との交流は他の店でも課題となっている。ここでの取り組みを生かしたい」と話す。

東急は2012年から横浜市と組み、たまプラーザ駅周辺(約120ヘクタール)の活性化に取り組む。たまプラーザでは1960年代に本格的な開発が始まったが、いまは急速な高齢化や老朽化が予想され、地域の活力向上は必須。今回は交流拠点をマンション内に設けたが、今後は同駅周辺に同様の拠点を設ける考えだ。

引用:nikkei

マンション査定 たまプラーザ

横浜のマンション査定はこちらから。相場の確認方法・マンション売却なら

たまプラーザのまちづくり拠点へ

横浜市青葉区美しが丘の東急田園都市線たまプラーザ駅北側地区に10月、保育所やコミュニティーカフェなどが入居した地域利便施設「CO-NIWAたまプラーザ」がオープンする。市や東急電鉄などが産学公民連携で進めている「次世代郊外まちづくり」の一環。エリアマネジメントや、まちづくりの拠点となることが期待されている。

 同地区(美しが丘1~3丁目、約120ヘクタール)について、市は2012年に東急と次世代郊外まちづくりの包括協定を締結。13年に策定した指針「暮らしと住まいのグランドデザイン」に基づき、大規模施設の建て替え、開発事業などの機会を捉え、街にとって必要な機能を誘導している。

 CO-NIWAは、9月に入居が開始される分譲マンション(278戸)の1、2階に造られ、広さは約2千平方メートル。東急が管理・運営し、10月から順次オープンする。

 地域住民の交流の場を目指すコミュニティーカフェ3店舗、学童保育、認可保育園のほか、共有型のオフィス空間・コワーキングスペースを備える。キッズスペースも用意し、東急は地域で生活する子育て世代に就労の機会を提供したい考え。

 また、マンション管理組合や各テナント、東急でなるエリアマネジメント団体を結成。他団体などとも連携しながら地域課題の解決に向けた取り組みやイベントを実施するという。施設の名称には人々が共同し、多様な活動を行う場(庭)にしたいとの思いを込めた。

 東急の担当者は「地域に人を呼び込むきっかけとなれば」と話している。
引用:カナロコ

マンション売却 たまプラーザ

典型的東急タウン「たまプラーザ」の栄華はいつまで続くか?

首都圏におけるブランド路線の覇権を争うのが、東急東横線と田園都市線の2線。老舗の東横線に対し、勢いという面では上回る田園都市線の中でも“もっとも田園都市線らしい駅”で典型的な東急タウンと言えるのが、通称“たまプラ”こと「たまプラーザ」です。

 今や「そんな昔の話を」と言われてしまいそうですが、この街を人気タウンに押し上げたのが、1983年に放送されたドラマ『金曜日の妻たちへ』です。「金妻」の愛称で知られたこのドラマは、裕福な生活を送る妻たちの不倫を描いて大ヒットしましたが、そのロケ地がたまプラーザだったことで、一躍「富裕層が住む街」というイメージが形成されました。実際今でも、街を走る車は高級車の割合が高めで、「経済的に余裕がある人が住む街」というイメージに間違いはなさそうです。

 駅に降り立てば、駅舎は見事にキレイなガラス張りで、駅前には東急百貨店を含む一大商業施設「たまプラーザテラス」。東急バスが行き交う街並みは、緑も豊かに美しく整備されており、駅周辺は「美しが丘」という町名が採用されています。駅周辺にはスーパー、飲食店、家電量販店などもあり、この街で大抵の用を済ませることができるでしょう。

引用:マネーポスト

マンション買取 たまプラーザ